前へ
次へ

不動産関連の資格にはどのようなものがあるか

どんな分野においても資格の有無は就職や転職に大きな違いをもたらしますが、不動産業界においても同様のことが言えます。
一般的に言って、不動産に関連した資格には幾つかありますが、その一つは建築士でしょう。
一級建築士と言えば、よくメディアにも登場する有名人が多いと言われるほど非常にメジャーな資格となっています。
難易度も比較的高いと言われてはいますが、一度取得したらいつまでも付いて回るため、資格取得を考慮してみることもできます。
また宅地建物取引士と呼ばれる国家資格もあり、非常に需要の高いものと言われています。
注目を集めているもう一つの資格は、福祉住環境コーディネーターと呼ばれるものです。
この資格を持っていると、障害者や高齢者など介護を必要とする方々にアドバイスを与える仕事に就くことができます。
福祉という名がついているゆえに介護関連のように思われがちですが、実際には不動産に関係した企業からの需要も高まっていると言われています。

マンション共用部の電気代を削減するなら東京の電気事業協会

時代に合わせた電気のご提案

さいたま市 注文住宅
お客様の希望に合わせた住宅のデザイン・家づくりを行いお客様が楽しく暮らせる家を作ります。

Page Top